誰かを振り向かせるのにかかせない強引さについて

誰かを好きになって、しかもそれを自分のほうに振り向かせるには、多少強引さがないといけないのかもしれない。
というのは最近になってようやく至った結論だ。
自分としても、まあずいぶん学生気分を長く引きずっていたんだな、というのが感想である。

学生の頃というのは、色んなところから色んな人間が集まっている。
しかも、授業や課外活動、サークルに部活、といった要素により、自分で努力しないでも新しいコミュニティーに所属することができた。
だから必然的に出会いも多いのだ。
言い方は悪いが、下手な鉄砲も、というくらいの確率の話。
それが社会にでると、驚くほどに出会いというものが激減する。
逆に、社会に出てからの出会いというのはよりビジネスライクなものなので、そこから個人的な付き合いに持っていくには、相手が異性であろうと同性であろうと、自分が努力してその場を設けていくしかない。
学生の頃のように、待っているだけでどうにかなったものとは違うのだ。
それに、毎日会えるわけでもない相手の人と親密な関係に持っていくには、ほんとうに強引さがないとただの知り合いどまりである。
ただ、強引というのはなかなか勇気のいることではある。
例えば一方的に会う約束を取り付ける、というのもそうだし、しつこく何度も連絡を入れる、というのもそうだ。
とにかく相手の反応に一喜一憂しない強い心が必要なのである。
けれども余りにもリスキーな行為なのも事実。
相手の気持ちお構いなしに振り回すのだから、上手くいく確率より失敗する確率のほうが高い。
と私は思っている。
だから、そういうビジネスの関係から結婚までこぎつけたカップルというのは尊敬する。
きっとどちらかの強引さが身を結んだのだから。

«
»