ショートパンツにサンダル履きの女の子を墜とした

学生時代の思い出を作りたくて、大学3年の夏にリゾートアルバイトに行くことにしました。
スポーツ合宿の多い場所でもあり、テニスコートを所有しているホテルのアルバイトに応募して1ヵ月そこで働きました。

周辺には広いグランドもたくさんあり、ラグビーの有名な選手も合宿に参加しているようでした。
ホテルの用事で車を走らせていると、いつも同じ時間にグランドの網の外でラグビーの練習を見ている女の子がいました。
ショートパンツにサンダル履きで、近くに住んでいるように見えました。

ホテルの仕事が暇になった日に休みをもらったので、いつものグランドに行ってみることにしました。
ときどき後ろ姿を見ているうちにあの女の子が気になっていたのです。行ってみると彼女がいました。
リゾートでは気持ちが大らかになるのか、ストレートに彼女に話しかけることができました。

彼女もリゾートバイトに来ていて、休み時間のたびに有名な選手が練習しているのを見に来ているのだと教えてくれました。
迷わず連絡先を聞くと彼女も快く教えてくれて、休みの日には近くの高原や温泉に遊びに行き、バイトが終了してからもデートするようになりました。

行き先はディズニーリゾート

競馬のとあるレースに、自分と同じ誕生日の馬がたまたま2頭だけ出ていたので、冗談で馬単を200円だけ買いました。
そのうち1頭は最低人気の馬だったので、まさか当たらないだろうと思っていたらなんと的中。
100円が21万円に化ける超高配当で、200円買っていたため全部で43万円ほどになりました。
ひとりで換金に行くのが怖かったので、当時付き合っていた彼氏に頼み、後ろで見張っていてもらいました。

今にして思えばこれがビギナーズラックだったのでしょうが、このことですっかり競馬にハマリました。
しかし一度当ててしまうと欲が出るもの。
その後はすっかり勝ちから遠ざかり、結局あの1回だけ。
取り立てて大きな失敗もしていませんが、もうやらないと決めました。
“とりあえず、小さくてもいいから家族4人で暮らす家を建てたいです。

その後は、いつも気にかけてくれている母にプレゼントの意味をこめて、旅行にご招待。
行き先はディズニーリゾート。
いつもは期間が短くなかなかゆっくり回れないので、リゾート内のホテルに1週間ぐらい思い切って連泊し、パレードも買い物もアトラクションも、孫たちと一緒に存分に満喫させてあげたいです。

主人が定年を迎え、子供を無事に社会へ送り出した後は、家を子供たちに譲ってキャンピングカーを購入し、夫婦で気ままな旅に出たいです。
何もかも自由で、お金の心配もいらない旅。
ここでもやっぱり時々ディズニーリゾートへ。
夫婦の思い出の場所でもあるので、仲良く思い出話をしつつ、のんびり話しながらゆっくり歩きたいです。

»