満員電車で彼の優しさ再発見

いつもは車で出かけるのですが、久しぶりに電車に乗って映画を見に行くことになった日のことです。
ドア付近に立っていた私たち。

案の定、主要な駅ではたくさんの人が乗り込んできました。

普段乗りなれない満員電車でドヤドヤと人が乗ってきてギューッとなったと思ったらドアが閉まってびっくりしました。
しかも身長148cmの私はあまりの人の多さに押しつぶされそうになりました。

その時ふわっと私の周りに空間ができて、180cmと長身の彼を見上げたら「大丈夫か?」っと、私が苦しくないようにガードしてくれていました。
彼の胸に寄り添いながら、ほんと頼もしいな~って惚れ惚れしました。

満員電車に乗ったおかげで彼の優しいところをまた発見できて良かったです。
でも彼、危ないし疲れるから次からは車で行こうな~って言ってました(笑)
そもそも気分がいいのは私だけなんですよね。

そういう事に気付かない友人は、捨てられて当然だと思いました。
気遣いは肝心です。
世の女性は、自分が心地いい事の裏側知ろうとしませんから。

満員電車の件でも、付き合っている男性がいたからこそガードしてもらえたわけで、そもそも独りなら、時間をずらすなどの機転はきくでしょうか。
満員電車に乗り合わせている人に対して、文句を言うのが大半でしょう。

このような女性は男性の親切だけを求める傾向があるので、イヤですね。

»